株式会社ウイングッド タイ支社

TOP PAGEVOICE LIST > VOICE

お客様の声

メニューブックはお客様との出会いの入り口。

BANGKOK SAGAMICO.,LTD.
Managing Director
住本 親俊 様

2013年10月にBANGKOK SAGAMI CO., LTD.を設立
ASEAN第1号店をCentral Plaza Rama3 (G floor)に出店
・Worlds No.1 Soba restaurant Chain
・100%北海道産の本物のそば
株式会社 サガミチェーン
・麺類を中心とした和食レストランチェーンでは世界最大
・東証1部上場・店舗数グループ全体284

  • 御社にとってメニューブックの重要性とは?

    「このお店で食事をしたい」と思ってい頂けるかどうか?がメニューブックにとって重要なことだと思います。
    メニューブックは、お客様に弊社の伝えたいことやクオリティー、食べたい物を見つけて頂くためのメッセージツールとして、お客様との出会いの入り口であるからこそ重要ではないでしょうか。
    弊社の思い、こだわり、クオリティーを出来る限りアピールすることが大切です。
    そして、ご来店頂く「全てのお客様」が手に取り見る物ですから、お客様ひとりひとりのシーンを想像したメッセージの伝え方を考え表現するための重要なツールであると考えます。

  • 内部制作されていますか?

    タイでは今は内部制作は出来ませんが、将来的には社内制作もするつもりです。もちろん外部制作も必要だと思います。仕事のボリューム、スピード、クオリティーなど、その時々に必要な目的に合わせて取り組んで行きたいと思います。

  • ウイングッドを選んで頂けた理由は?

    担当者との信頼関係です。
    直接の業務だけではなく、かかわること全てにおいて一生懸命考えてくれました。
    担当者に信頼をおける目線があったからです。

  • タイでの難しさとは?

    日本食のありかたについてです。
    日本食と言うと語弊もあるかもしれませんが、日本のクオリティーをそのまま全て持ち込むことにこだわり、「全て日本と同じ」にこだわり続ける中で、タイ人のお客様へのおもてなしとタイでの日本食のあり方を考えるとき、日本食とはどうあるべきなのか?表現方法一つ一つにおいても答えを見つけていかなければなりません。もちろんメニューブックにおいても同じことです。World’s No.1 Soba restaurant Chainの文字通り、蕎麦と言えばサガミという認知をタイで広げていく中で、日本品質へのこだわりと日本食のありかたについて考え続けていくことが大切なことでり、難しさだと考えます。